_MG_1264

フードデリバリーサービス「LINE WOW」のオープンを記念した、各界著名人とLINE代表取締役社長・森川亮との連続ランチ対談。今回は、マネックス証券の松本大社長です。

ランチといえば、ある一品ばかり年間200食は食べているという松本さん。一体、なぜ?
 

ooki
松本大(まつもと・おおき)
マネックス証券代表取締役社長CEO。1963年生まれ。ソロモン・ブラザーズ、ゴールドマン・サックスを経て、1999 年に旧マネックス証券を設立。現在、事業持株会社であり、個人向けを中心とするオンライン証券子会社を日本・米国・香港に有するグローバルなオンライン金融グループであるマネックスグループ(株)およびマネックス証券(株)両社のCEOを務める。

_MG_1125
森川亮(もりかわ・あきら)
LINE株式会社 代表取締役社長。

奥様とはLINEでラブラブ

_MG_1277

森川:奥様(テレビ東京キャスター・大江麻理子さん)と昨年9月にご結婚される前、LINEで随分とやり取りされていたそうですね。

松本:「LINE婚」と言われています。今も毎日使っていますよ。ラブラブなもので(笑)。ときどき、ふたりの会話のバックアップを取るんですよ。テキストに落として。

森川:「LINE WOW」は高級弁当のデリバリーサービスなんですが、奥様が松本さんにお弁当を作ったり、なんてのは……。

松本:さすがにないですねえ。彼女も忙しいですから(笑)。

森川:ですよね。いつもお昼は何を食べてるんですか?

松本:出前の温かい蕎麦です。ランチは1年のうち200回以上が蕎麦なんですよ。休日も。
 
森川:200回!?

松本:会社を設立してから16年間くらい、毎日食べてます。

蕎麦は「お風呂」みたいなもの

_MG_1234

森川:なんでまた、蕎麦を?

松本:毎晩、会食で食べたり飲んだりするので、朝昼の食事を軽くしないと体がもたないんですよ。鶏南蛮とかけんちんが多いかな。

森川:お気に入りのお店があるんですか?

松本:いえ、僕にとって蕎麦は「お風呂」みたいなものなんです。「あのお風呂」に入りたいんじゃなくて、ただ「お風呂」に入りたいだけ。だから店はどこでもいい。蕎麦でありさえすれば何でもいい。

森川:「お風呂」、いいたとえですね。和食がお好きなんですか。

松本:日本酒が好きなので、和食はよく食べますよ。でも、同じ和食でもお寿司は「お風呂」じゃない。僕、お寿司もすごく好きで、多分まわりの誰よりも詳しいんですが(笑)、こちらは行きたい寿司屋でしか食べたくない。

森川:差し支えなければ、一番お気に入りのお店を教えてくださいよ。

松本:……。

森川:差し支えあるんですね(笑)。

【本日のお弁当】麻布十番「おざき」の会席弁当
_MG_1420
「おざき」店主の小崎一郎さんは、会席弁当について、「素材のなかでもとくに自信があるのは、やはり魚。お弁当にお刺身を入れるのは珍しいんですが、当店らしさをいちばん端的に味わっていただきたいと思い、4~5種類のお刺身を入れることにしました。八寸や炊き合わせ、お寿司などは季節感を重視しています。寿司割烹という異色のジャンルですが、旬の食材で日本らしい食の楽しみを堪能していただけたら嬉しいですね」とコメント。販売価格は10,000円(税込み)です。

_MG_1435
おざき自慢の刺し身が弁当に。保冷剤の付いた特製の弁当箱で、しっかり鮮度が保たれています。

■関連記事

無類の寿司好き

_MG_1206

松本:お気に入りの寿司屋は、隠してるんです。

森川:予約がとれなくなるからですか?

松本:いえ、予約するのは嫌いです。その日の夜にならないと、食べたいものが決まらないので。体調によっても変わりますし。だから当日夜、贔屓にしてる3軒くらいを上から順に電話していって、席が空いてたら行く。全部満席なら、諦めて別の店に行きますが。とにかく、混むと困るんです(笑)。すみません。

森川:松本さんにとって、美味しいお寿司屋さんのポイントはなんですか?

松本:江戸前寿司が好きなんですよ。「素材が勝負」とかいってお刺身がどーんとただ乗っかってるだけじゃなく、「仕事した」お寿司が好きです。昆布締めとか。

_MG_1426
「おざき」の弁当にも、「仕事をした」寿司が盛り込まれています。

_MG_1444
繊細な技が光っています。

いくらの食べどきは?

_MG_1323

森川:寿司屋はおひとりで行かれるんですか?

松本:はい。お寿司屋さんへ行くと、出てくる魚の種類で、季節がわかります。

森川:たしかに、その時期にしか食べられないものってありますよね。

松本:たとえば、いくらは9月の終わりからが一番おいしいんです。僕が好きな某寿司屋は、その時分にしか出しません。しかもですね、鮭が海から川に戻っていくとき、川に近付きすぎてしまうと、卵、つまりいくらの皮が堅くなる。反対に、まだ川が遠いうちに獲っちゃうと皮がトロトロしていて、これまたダメ。河口から50km区間くらいの辺りで獲るのがいい、とか決まってるんです。

森川:めちゃくちゃお詳しいですね。なんだかグルメ対談みたいになってきました(笑)。今日の「おざき」の会席弁当はいかがですか?
 
松本:うん、おいしいですね。今、提携レストランは6店舗でしたっけ?

森川:はい。順次拡大していきます。

松本:(マネックス証券本社のある)この近くの「うなぎ秋本」も6店舗に入ってますね。ここがデリバリーしてくれるうな重もきっといいけど、和弁当も素晴らしいですよ。どうしてもビジネスランチの必要があって、しかも忙しくて外に出られないときは、秋本の和弁当を予約しておくんです。

森川:そういうときこそ、ぜひLINE WOWをご活用ください(笑)。

松本:あ、でも今はデリバリー対象地域が渋谷区(および港区の一部)だけですよね。ここは千代田区だから、まだ対象外か。いつ千代田区に拡大するんですか?

森川:……。

松本:差し支えあるんですね(笑)。

後編に続く

_MG_1404
LINE WOWのお弁当デリバリーは、1月8日現在、渋谷区全域のほか、港区の一部(北青山1~3丁目、南青山1~7丁目、西麻布1~4丁目、六本木4、6、7丁目、赤坂2~9丁目)にも対応しています。

【撮影/大川晋児、構成/稲田豊史】

▼ご注文は、こちらからアプリをダウンロードして、どうぞ。
http://wow.line.me/

▼LINE公式アカウント
LINE ID: @linewow
linewow_QR
友だち追加
 

▼Facebookページ
▼Twitter