こんにちは!WOWコンシェルジュです。

誰しも見覚えのあるこの形。
ビールのおつまみとして食べる人もいるのではないでしょうか?
今日はこのブレッツェル発祥のドイツ料理専門店「ノイエス(Neues)」を紹介します。

main_rectangle_ノイエス 本店
 
  ▼ご注文は、アプリをダウンロードしてどうぞ (iPhone版のみ)
https://itunes.apple.com/app/id934254642    

ノイエス(Neues)」があるのは赤坂のドイツ文化会館内。ドイツ文化会館内にあることからも分かるように、当然本格派です。
「ウィーンやドイツの食文化と、その魅力を伝える発信地になりたい。」という情熱を持つシェフは、幼いころに習い始めたピアノがきっかけでウィーンの文化に傾倒し、22歳のときにウィーンへ。
ウィーンに惚れ込み、確かな目と舌で日本でもその味を再現しています。

ノイエス 本店2

ブレッツェル  220円

見た目はハードな印象ですが、食べてみるともちもちっとしており、表面に浮かんだ岩塩がほどよい塩味を効かせています。シンプルだからこその、本物の素材の味がしっかり感じられます。

伝統的なブレッツェルはもともとやわらかく焼き上げられ、ビールの定番のおつまみのひとつとして食べられています。まぶされた岩塩を食べる直前に手で落とし、残った塩味を味わうのが一般的な食べ方だそうです。
語源はラテン語で「腕」に由来しています。確かに、この特徴的な形は腕組みをしているように見えますね。また、この形以外にもスナックタイプで棒状のものもあります(あの有名なお菓子ですね)。
ドイツビールのおともに、いかがでしょうか?

ノイエス 本店3

プルンダー  260円

こちらはデニッシュ生地にフルーツをのせて焼き上げています。写真はアプリコット。瑞々しいフルーツと軽いデニッシュ生地のバランスが抜群です!

ノイエス 本店1


他にも朝食に食べたいハードタイプのパンがたくさん揃っています。

日本ではまだまだ馴染みの薄いドイツ・ウィーン料理。まずはパンやスイーツから!この機会にぜひトライしてみてはいかがでしょうか?

▼LINE公式アカウント